扇子ODMのご案内

お問い合わせ >
Original Design Manufacturer

新京清堂での生産メリット

  1. 豊富な売れ筋データ

    弊社は、全国の百貨店、大型専門店の多くに扇子を展開し、各店舗の売り上げ上位を占めております。
    そこで得られた売り上げデータをもとに、絶えず売れ筋の扇子を提案し続けています。

  2. 品質

    継続的な量産発注と、長年のコミュニケーションによる信頼関係を築き上げた提携工場の完全協力のもと、品質と、納期において万全の生産背景を有しています。

  3. 安心、安全

    製品の安全面をさらに強固なものとするため、工場出荷前の全品検品はもちろん、第三者検品工場において、さらに、品質と、安全の確保に努めています。

OEM扇子生産の流れ

ご商談
お客様のご要望を伺います。お考えのイメージや、納品時期をお聞かせください。
ご希望により、グラフィックによるシミュレーションを作成いたしますので、細かいデザインの打ち合わせも可能です。扇子袋、房・チャーム、パッケージもあわせて生産が可能です。
サンプル制作
ご希望の数量でサンプル製作を行います。扇子は、扇面と、扇骨、仕上げ加工の3つに大別して生産されますが、基本的に、扇面加工は日本、扇骨と、仕上げ加工は中国で行います。商品仕様が決定した段階で、正式なお見積もりを提出いたします。
修正・ご発注
最終的な注意点や、納品時期を打ち合わせた後、お客様よりご発注を頂き、本生産となります。
通常、ご発注から納品まで、90日を設定しておりますが、高度な加工を要する場合はさらに日数がかかります。また、春節休をはさんでの中国生産に関しては、さらに30日が必要となります。
生産
本生産の指示に基づき、原材料である竹の加工からはじまり、生産管理の行き届いた工場で、一点一点、手作業で生産してまいります。弊社品質基準マニュアルに基づき、生産ラインのポイントごとに、検品を行い、最終チェックを経て、検品工場へ出荷されます。
検品
アパレルを中心に中国製品の検品を行っている大手検品工場で、扇子本体の検品と、扇子袋については、検針も行います。弊社品質基準に合格したものだけが、アセンブリされ、商品化されます。
納品
船便で、一旦、弊社倉庫へ納品し、お客様のご要望をクリアできているかチェックを行った後、最終納品となります。